2018年1月22日月曜日

ダグラス・アダムス/ダーク・ジェントリー全体論的探偵事務所

イギリスの作家による長編小説。
作者ダグラス・アダムスはなんといっても映画化された「銀河ヒッチハイクガイド」シリーズが有名だと思う。かくいう私も大学生時代に何気なく買った冒頭の一冊が大変面白くてシリーズを一冊ずつ読み進めていった。とても楽しい経験だった。(「生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答え」のwikiページがすごい充実していることに気づいたので後で読む。)私はそれっきりになってしまったのだが、と思って調べてみると元々寡作な人だったようで邦訳されていたのは上記シリーズくらいのものらしい。この「ダーク・ジェントリー」シリーズもNetflix(どうでも良いがもてたいならNetflixでみんなが見ている映像作品を見れ!と言われたことがあるがまだ入会すらしていない。)でドラマ化されたようで、おそらくその流れだろうか、このシリーズも邦訳されたのでワクワクしながら買った次第。

ケンブリッジ大学の卒業生リチャード・マグダフは真面目な学生ではなかったが、紆余曲折あった末にプログラマとして成功していた。ある日彼が務める会社の社長が撃ち殺され、家を荒らされた上に放火されるという事件が発生。リチャードは彼の死の周辺に不自然な邂逅を果たしており、警察に重要参考人としておわれることに。偶然にも大学時代の旧友でカンニングの罪で放校処分になり、今は私立探偵をしているダーク・ジェントリーに助けを求める。ダークは全体論という独自の理論で事件を解決すると豪語するが…。

ダグラス・アダムスがミステリーを書くのだから一筋縄で行くはずがなく、冒頭からイギリスらしい持って回った諧謔に飛んだ文体で、わけの分からない文章が綴られていく。キャラクターはどこか奇矯であるが、ほとんどみんな愛嬌があり、ウィットと皮肉(いかにもイギリスな感じ)、そしてユーモアに富んでいるため読みにくいというのはないのだが、どうにも後にも話しの中心というのがみえにくく、しばらくは座りが悪い。ミステリーというのは(大抵)一人もしくは複数人の殺人自体(状況と犯人(動機))が謎であって、それを解きほぐしていく物語だが、この物語に関しては体裁はミステリーで、たしかに主人公の雇用主の殺人も謎なのだが、その他にたくさんの謎が散りばめられておりその中の一つでしかない。夜空に煌めく星が星座を隠しているように、ダーク・ジェントリーがこの雑多な謎を一つの回答に導くのがこの本の醍醐味だろう。ジャンルの垣根を超えてもそういった意味では謎を解き明かすという意味で抜群のミステリーと言える。
全体的に軽いノリにくるまれているし、読後感も爽やかなのだが、そこは(あっさり地球をぶっ壊してこの上なく天蓋孤独になった男を主人公に据えたシリーズを描いた)筆者のことなのでこの作品でもやはり深淵のような孤独(しかも2種類の)を描いていて、よくよく考えてみるととても笑ってられない。さらっと書いてあまり言及しない、というのは一つの美学であり、読者としてはそこが楽しみだったりする。いわば物語が文字だけでなく、こちらの頭のなかでカチリと音を立てて完成するようで、とても爽快である。混沌とした遠景が一つの絵として捉えることができたように。そしてその絵の奇妙さに感動するように。

すべての読書好きな人におすすめの一冊。二作目も近々邦訳の上発売のことでとても楽しみ。

2018年1月21日日曜日

Butcher ABC/North of Hell

日本は東京のデスメタル/ゴアグラインドバンドの1stアルバム。
2017年にObliteration Recordsからリリースされた。
1994年にプロジェクトとしてスタート。2002年にバンドとして再始動したとのこと。
結成から20年以上経ってからの待望の1stアルバム。タイトルはSlayerのかの名盤「South of Heaven」に対するオマージュとのこと。

結構な数の音源をリリースしているバンドで私はメキシコのParacocci(以下略)とのスプリット(2004年)とGeneral Surgeryとのスプリット(2009年)を持っている。特に前者だとだいたい30秒位の曲を矢継ぎ早に演奏するグラインドコア/ゴアグラインドバンドだなと言う印象だったのだが、今回のアルバムはかなり音楽性が異なっていて驚いた。
学生時代に過激さを求めてグラインドコア〜ゴアグラインドを少し聴いていた時期があったんだけど(私は死体ジャケが苦手でガッチリいろいろな音源を買うには至らなかった。LDOHとかJig-AiとかCock and Ball Tortureとか有名所をちょっとくらい。)、どれもやはり損壊した人体を思わせる残虐性と腐臭が音と曲の構成に影響を与えたドロドロ具合だった。Butcher ABCに対してなんとなくそんな音のイメージというか先入観があったのだが、実際この音源を聞いてみると、バリエーション豊かな音楽を統一し見事にまとめている。その洗練されようと言ったらある種のメジャー感すら漂う、20年以上の活動期間から来る王者の風格を感じさせる堂々としたデスメタル。爽やか、とは流石に行かないがとにかく抜けがよくて耳を通してスコーンと脳に突き刺さって、体が動いちゃうようなポジティブさ/楽しさがある。
全編ツインボーカルスタイルが特徴で、片方はどう聴いてもゴアグラインドなキュルキュル吸い込むような低音、もうひとりが喚き立てるようなシャウトで両者がそれぞれ、ときに重なりつつ曲を彩っていき、Napalm Deathの「Scum」のようにグラインドコアの伝統を感じさせる。ボーカルだけでなく曲もひたすら残虐性に振り切っているわけではなく。また金太郎的なジレンマに陥らず、きちんと曲によってそれぞれの個性が光っている。5曲目「Morbid Angel of Death」は中盤以降にハードコアのモッシュパートを彷彿とさせるゴリゴリ肉感的なリフを挟んでいたりする。ただし単純なメタルとハードコアの混交、または色んな音楽を混ぜ込んだごった煮ミクスチャーではなく、あくまでもデスメタル。というのも前述のハードコア・リフも全体を彩る豊富なリフの一つでしかない。練りに練ったリフで曲を組み立てるかっちりしたメタルから始まり、そこを足場にしているからどこまで行ってもピュアなデスメタルでい続けていることができている。
ゴアというどう考えてもアンダーグラウンドな音楽をやっているのに、そのジャンルの垣根を押し広げるような音楽性がひたすら面白い。tiwtterでは「踊れる」という言葉で表現されていたが、それも実際にこのアルバムを聞けば納得できた。メンバーの方が以前やっていたC.S.S.O.というバンドはグラインドロックをやっていたバンドだからデスメタルに何か別の要素を加えていく、という姿勢は納得できる。ただデスメタルバンドとしてゴアをもっと推し進めて尖った音楽を追求することだってできたと思うのだが、あえて表現の幅を広げつつ、あくまでもデスメタルという音楽性にこだわり続ける、というその姿勢から、さらにメンバーの方が長く運営しているObliteration Records、そしてディストロであるはるまげ堂のことも加味して考えると、なんとなくただひたすらデスメタル/ゴアグラインドを追求するというのと同じ軸で、この素晴らしい(と演奏している本人たちが思っているに違いない)音楽を楽しみつつもっと世に広げたい、という意思を感じるのは私だけだろうか。そういった意味では非常に挑戦的なバンドであり、まさに日本に腐臭を拡散するという意味で日本のデス界を牽引するようなバンドなのかな(シーンが厳格であるべき、そうではなく広がって行くべき、というようにここに関してはいろいろな意見があるとはお思うが。)、と思ったりした。

イントロが終わって2曲めが始まるところで良い意味で期待を裏切られた作品。めちゃくちゃ楽しい。非常におすすめ。
「Vice」加速してからの「ABC Butchers co.,ltd.」の流れがたまらん。

2018年1月20日土曜日

Su19b/Neurtralize

日本は神奈川県のブラッケンド・パワーバイオレンスバンドの2ndアルバム。
2017年にObliteration Recordsからリリースされた。
結成は1997年でフルアルバムより先にディスコグラフィーが出る(つまりアルバム以外の音源はかなりの量リリースしていたアンダーグラウンドな)バンドだったが、待望の1stアルバムを2015年にリリース。2年間というかなり短いスパンで2ndフルアルバムをリリース。結成20周年記念、ということもあるとのこと。

「ブラッケンド・パワーバイレオンス」という枕詞で語られるのだが、この言葉から想像される音とはちょっと異なる音楽を演奏するバンド。
パワーバイレオンスというジャンルはハードコアの先鋭的なサブジャンルで、その音楽性を簡単に一括りにできないオリジンリティのあるバンドがたくさんいる振れ幅のあるジャンルだが、SpazzやInfestのような伝統的なハードコアの激速版みたいな手法が一つと、それから昨今の流行り(なのかはわからないけど)短い曲の中で強烈なストップ&ゴーを取り混ぜたスタイルがあると思う。Su19bの場合はこのどちらにも当てはまらない。ブラッケンドの方も、純粋な音楽として捉えたブラックメタルから抽出した要素を用いる、という用法だとするとやはりSu19bの音楽性に合致しているとは言い難いかもしれない。というのもこのSu19b、ブラッケンド、パワーバイレオンスというにはおもすぎる、強烈すぎる、そしてどろどろしすぎている。これは前作もそうだがアートワークがよく中身を表現していて、モノクロにゾンビ(骸骨)と言うのはなるほどハードコア的だが、よくよく見るとゾンビにしては元気でそしてやはりどろどろしている。この溶解した腐肉感はどちらかというとデスメタルを彷彿とさせる。音に関しても同様で、ファストコアとスラッジを短くひとまとめにした、というよりはそれぞれをそれなりの尺で(といっても真性のスラッジに比較すれば長くはないが)、丁寧に、つまり陰湿にやるのがこのバンドのスタイルであり、「うげええええええ」と吐き出すようなボーカルもデスメタルを彷彿とさせる。ゾンビのうめき声みたいで超かっこいい。当然それをやるにはハードコアを経由した重たくもカラッと乾いてわかりやすい音ではなく、ジリジリ輪郭が撓んで腐りかけた湿っぽく邪悪な音にチューニングされている。外へ外へ突き抜けていくポジティブさというよりは、音が瘴気のように渦巻くネガティブさがあって、わかりやすくヘイトとフロアに混沌をぶちまけるスタイルのパワーバイオレンスとは一線を画していて面白い。もっとこう胃もたれするようないやらしい重たさがあって、それが停滞するのだ。特に遅いパートはデスメタルとスラッジコアを重量と陰湿さという要素でがっちり結びつけており、この表現力はちょっと他のバンドにはないのではなかろうか。遅さから突き抜けるブラストは一見爽快なのだが、これで何処かに行けるわけでもなくひたすら地獄なのが非常に良い。聞きやすさとは無縁で、しかし全編通してかっこいいという、まさにハードコアなスタイル。

Bathoryのカバーはややフューネラル・ドゥーム感も漂い、非常に音楽的な懐の広いバンドだと思った。私はCDを購入したが、今ではBandcampでデジタル版も購入できる。流行りに迎合しないオリジナリティのある音を鳴らすバンド。いわゆるパワーバイレオンスを想像するとびっくりするかもしれないが、底なしのヘイト感なら満載なのですぐにこの瘴気のような重たさと腐臭漂う邪悪さが気に入るのではなかろうか。おすすめ。

椎名誠/椎名誠 超常小説ベストセレクション

日本の作家、椎名誠さんの短編集。その名の通り日常から離れた変わった物語を集めた短編集。
椎名誠さんのSF以外の短編集を何冊かかって読んでいたが、これで一旦区切り。(多分他にももっとたくさんあるのだろうが。)この本のみ新品で買った。(私は音楽でも本でも新品買えるならなるべく新品を買うようにしている。)

元々椎名誠さんはSFが好きで何冊か読んでいる。この人の書くSFというのは最先端のハードSFとは一線を画す独特の世界観がある。簡単に言うと2つあって、一つはサイエンス的な要素はふんだんにあるがそれの説明をしないこと、造語を用いたオリジナリティのある世界観がありマクロな視点で野性的な世界のごく狭い範囲を旅や冒険という形で書くこと、だろうか。とにかく全世界人があまり行かないような僻地まで旅をする方なので、それを活かして新奇ながらどこで見たことのあるような懐かしい別天地(もちろん矛盾している概念である。)を生き生き(時に非常に厳しく残酷でギラギラと人を惹きつける。)を描き出す。いかにもインテリジェンスが知の迷宮に閉じこもって描いた執念のハードSF(こういうのも私は好きだ。)とはやはり結構違う作風だと思う。
そういうわけで椎名誠さんの書く物語というのはSF的であると同時に生活臭がして、そしてそこが異常事態に片足を突っ込んでいる(こともある)ので、超常小説、というのは実はしっくり来るのだ。何冊か読んで、おそらくサラリーマン時代の経験を活かした超常なのか日常なのか怪しい小説があることも知った。この人は特異な状況を描くが、それ自体が目的でなく、とにかく無骨でぶっきらぼうな語り口なのでその真意というのは常にはっきりとしないのだが、なにかしらこちらの、少なくとも私の胸を強烈に打つ、感情豊かな何かがある。

椎名SFではおなじみの灰汁と百舌シリーズも何作か収録されており、楽しい気分で再読した。やはりこの二人のたまにあって悪さをする、そして何かトラブルに巻き込まれる、みたいな関係性が良い。
初めて読んだ「ぐじ」は日本の失われつつ風景が田舎の萎びた温泉宿に結実している叙情性溢れる作品かと思いきや、これがとびきりの怪談であって非常に面白かった。椎名誠の怖い話というのは他の短編でも幾つか読んだと思うけど、こうも正統派な怪談というのは初めてで面食らいつつも、怪談というジャンルでも相当の出来なのでは。
「問題食堂」に関しても尽きることのない人間の愚かさを時代の変遷とともにコミカルに書いた作品なのだが、こちらもとある場所に書けられた”呪い”では?って考えると結構怖い。
やはり表紙にもなっている「雨が止んだら」が白眉の出来で、前述した無骨な語り口のは以後にある感情の豊かさ、というのがこの短編に結実していると思う。三角錐のプリズムのようにキラキラしている。そしてその光は暖かく、同時に切なく苦いのだ。この環状の本流こそ読書の醍醐味だろう。

この本ならまだ普通に本屋で買えると思う。ベストセレクションというとおり、この本でSFから少し不思議まで椎名誠さんの小説世界をざらっと総括して楽しめると思う。後書きによるとこの本にはネタの本があって、作品がいくつか入れ替わっているようだ。元ネタの本も読んでみたいという気持ちになっている。

Unbroken/Life,Love,Regret

アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴのハードコアバンドの2ndアルバム。
1994年にNew Age Recordsからリリースされた。
いわゆる名盤とされるアルバムで中古でほしいなと思っていたが、調べたら普通にBandcampで買えてしまうことがわかり買ってみた次第。
Unbrokenは1991年に結成されたバンドで2枚のアルバムをリリース後、1995年に解散。その後再結成と中断を繰り返し、現在はまた活動をしているようだ。wikiによると少なくとも活動当初はストレート・エッジの思想を持っていたようだ。

”メタルコア”と称されることもあり、かなりガッチリしたハードコアをプレイしている。オールドスクールなハードコアパンクがその持ち味としている「速さ」の要素にあっさり見切りをつけて、代わりにどっしりとした中速にメタルから持ち込んだテクニカルかつ重厚なリフを持ち込んでいる。はじめの印象はかなり複雑な曲をやるのだなという印象。かなり金属質な音だが、大仰に広がらずに非常に筋肉質な音をだすのだが、ただただウサを晴らすように暴れるための楽曲というよりは、展開もリフも種類が豊富な叙情的なもの。この場で叙情的というのは、クリーンで歌メロが入るとか、アルペジオや浮遊感のあるシンセサウンドの導入とかではまったくなく、むしろ頭から爪先まで攻撃的で無骨なハードコアなのだが、その表現力が多様であるということだ。ニュースクールなのだが、いわゆる”カオティック”と称されたバンドに通じるところがある。それはハードコアであることにこだわって、その限界に挑戦するかのような、ただ速く(逆にただ遅く)、ただ激しく、とはべつのアプローチである。The Dillinger Escape PlanもConvergeという2大巨頭もカオティックと称されたが、どちらのバンドもやや他ジャンルに足をかけていた(初めからジャズを巻き込んだTDEPはわかりやすくそうだし、Convergeはアルバム単位でみると結構面白い変遷をしていると思う。「Jane Doe」だけ浮いているのかな??)ように思えるのだが、このUnbrokenに関してはそういった浮気心はなくあくまでもハードコアのみで勝負している。そういった意味では求道的でそれでいて保守的にならずに挑戦的だ。

「生活、愛、後悔」というタイトルは要するに日常のことだと思う。ハードコアというのはリアルであること、というのが一つあるなと最近思うのだが(だから思想的にはヒップホップに通じるところがある。要するにカウンターカルチャーということだろうか。)、このUnbrokenに関してもおそらくそういった姿勢で活動しているのだろう。ハードコアの曲の中にそういった日常の事ごとが透けて見えるようで、そういった意味で非常にエモーショナルだ。エモーショナルというのはただ感情を表に出せばよいというのではない。泣いている人だけが悲しいわけではないように、無骨なハードコアの欧州の向こう側に豊かな感情が垣間見えるアルバム。まだ聞いたことが無い人は是非どうぞ。

Wolfgang Japantour/A Mutable World

日本は北海道札幌の殺幌発青春メタルポップバンドの2ndアルバム。
2017年にCrew For Life Recordsからリリースされた。
2003年か2004年に結成されたバンドで今は3人組のようだ。ベース兼ボーカルが女性。オフィシャルサイトもないようなのであまり情報がない。新作リリースのタイミングでジャケットが印象的だったので心に留めて過去作をyoutubeで聞いたら良かったので購入。

まず何と言っても隠そうともしないコラージュ感あふれるジャケットが良い。CDの盤面やインナーの裏側など結構世界観が違うアートワークが施されていて、何となくこのバンドの方向性が垣間見える。
再生してみるとCoaltar of the DeepersのイチマキさんがやっているBP.に似ているなと。特徴的なボーカルの声質が似ているというのがまずあるのだけど、楽器がガシャガシャうるさいバックの演奏に、女性ボーカルが割りと絶妙なメロディアス具合で歌う、というスタイルが共通している。ただこちらのほうが自称することもあってかなりメタリックで激しい。音はそれなりに厚みがあってうるさいがシューゲイザーのような耽美的な陶酔感は少なめで、あくまでもソリッドに突っ走るハードコアスタイル。曲は短めで9曲を18分で駆け抜けるから1曲あたり大体2分。軽めのスネアが特徴的なドラムも手数が多くて速いし、ギターはとにかくよく動く。メロディアスなハードコアだがブリッジミュートを主体に極限まで軽くしたような速めのリフに、ただボーカルがひたすらメロディアスな歌を乗っけるメロコアスタイルとは一線を画す音楽性で、絶妙なメロディアス具合といったのはこのボーカルとギターの歌い具合がとても良い塩梅に曲の中で戦い合っている感じ。女性ボーカルの憂いのあるメロディラインと思ったら、ギターが叙情的なソロを奏でて、よくよく聴くとそれ以外の部分でも、いろいろなパートがぐいぐい主張していて、それがやかましいのだけど不思議に噛み合っていて、賑やかで暖かい独特の音楽になっている。
バンドサウンドってただバンドで音を出せばそれになるってわけじゃなくて、こうやってバンドの中で音の相克と掛け算があって、わざわざパートごとに集まってやる音を出す意味というのがひしひしと感じられて、こういうのだよな〜と思ってしまう。(私バンドやってないから実際のところはわからないんだけど。)
かなり濃いことをやっているのだが、全体的に晴れ上がった青空のようにさっぱりしているのはやっぱりボーカルの力によることが多いのだろうか。あとはたまに挟まれるギターソロも爽やかで良い。決意と達観を巻き込んだような歌詞も特徴的でアルバムのタイトルは「無常の世界」という意味だそうな。
メンバーの人はKnuckle Headというハードコアバンドでも活動しているようなのだが(聞いたことなし)、ハードコアを通過した上でメロディを獲得しにいったのがこのバンドだとすると、安易に音の軽いメロコアに行くのではなくて音はむしろ混沌として、そこにメロディを溶け込ませるというのは非常にややこしく、こだわりがあって良いなと思う。

700枚限定とのことで油断するときっとなくなってしまうと思うので気になっている人は是非どうぞ。早速ライブが見たいバンド。

2018年1月15日月曜日

椎名誠/胃袋を買いに。

日本の作家の短編集。
個人的な椎名誠さんの短編集買いあさり祭りのうち一冊。11の短編が収録されている。
何冊か読んできた中では一番バランスが良いかもしれない。完全にSFと読んでもいい物語と日常生活の延長線上にあるフィクションを扱った作品が良い感じに混じり合っている。後半に行くに従って幻想味が増してくるように配置されていて、その世界観の異質さに徐々に慣らされていくようだ。
前半の日常生活に何かしらの”異変”が起こる系統の物語は、サラリーマン経験もあり、妻と子供もいる社会人・家庭人しての作者の経験が生かされている。その会社の上司・同僚たちとの関係、妻との何気ない会話などの設定と言うのはもちろん、その普通の生活に根ざす不安が小説の元になっているケースが結構多い。例えば自己臭恐怖(これはどちらかというと思春期ごろに多いらしが)、疲れて帰ってきた週末自宅のアパートのエレベーターが帰宅の本当直前に停止して中に閉じ込められたり、などなど。また家庭内の不和も相変わらずこの短編集でもさり気なくしかししっかりと物語の中に閉じ込められている。圧倒的に歪んだシーナ・ワールドに飛び出す前(実際にはおそらく同時に書いているから表現的には間違っているのだろうけど)のダラダラ続く割には消耗する日常世界の閉鎖性を描いた作品が多く、語り口は軽妙だがむしろ暗く不安にさせるような持ち味がある。
不安やフラストレーションを一歩その日常の先に進めたのが「足」や「八灘海岸」、「猫舐祭」などの日常生活からふわりと浮上したかのような異形の”怪談”群であり、ここでは前述した個人的な不安から離れ、集合的な”恐怖”が描かれている。読み手の感情的には「わかるその気持!」というのから、「よくわからないけど怖い」に移行するイメージだ。ここでは見たことも聞いたこともない、椎名流のほら話が展開されていく。
そしてそのホラがSF的な形に徐々に結実していき「引綱軽便鉄道」(その後固まりつつある北政府ものの世界観の萌芽が感じられてテンション上がる。)を挟みつつ、最後を飾る「ループ橋の人々」は短いながらもポスト・アポカリプスものというジャンルの良いところをギュッと集めたような短編で、世界の残酷さと一向に明かされることのない災禍への興味がありつつも、たくましい少年たちの目に映る新奇な世界への好奇心がギラギラ光るようで、ただただやられている陰気な小説よりよほどワクワクして面白い。物語は違うが、きっとこの少年たちが野蛮な世界に飛び出していくことで椎名誠さんのSF小説が生まれていくのだろうという気がして、個人的には感慨深かった。

やっぱり抜群に面白いというか、読むほどに好きになる作家なのだと思う。異形のSFを求めるなら別の本を選ぶべきだが、まず椎名誠さんの小説を読んでみたいという人や、日常にイライラを感じている人ならそこから別世界を垣間見る窓を手に入れることができるだろう。冒頭にも書いたが短編集だが、思考の流れが物語の構造の変遷に感じられるようで、とにかく流れが良くて、バリエーションに富んでいる割には統一感がある。